予算確保

都市に入ってくる収入が無ければ何も開発することができません。とにかく収入が非常に少ない場合や、マイナスの場合はひたすらケチりましょう。市民の事なんてこの際どうでもいいのです。

都市に十分な収入があるけど、手持ちの金が尽きた!と言う人は、特に問題はないのでお金がたまるまでじっくり待ってください。

クビ

あまりにも赤字が続いた場合、こうなります。中々お目にかかれない画面です。

まずは予算をカット

予算画面からは、予算を削減できる項目がたくさんありますが、まずは影響の少ない消防・教育・健康の予算をカットしましょう。

消防の活躍は災害時だけなので、平常時には予算はいりません。災害時でも、予算ゼロで十分消火活動をしてくれます。

教育や健康は、都市の発展にそこまで大きな影響を与えるパラメータではないので、カットしてもそれほど問題はありません。それに加え、世代交代等の関係上、値が減少するのも時間がかかります。

ついでにお金のかかる条例も撤廃です。撤廃したところで大きな影響は出ません。

まだダメそうなら警察予算もカットです。治安が悪化して地価がもろに下がりますが、仕方がありません。

逆に絶対にカットしてはいけないのは交通局の予算です。少しでも下げると道路の破壊が始まり、最終的に都市交通が麻痺してしまいます。


「よくもわしの予算をカットしたな~!!」

道路も整理しよう

ここまで来るとやれることが少なくなってきます。区画のブロック間隔が狭い場合、道路の間引きを行いましょう。お飾りで作ったような高速道路や鉄道があれば、それも撤去してしまいましょう。維持費の高いバス停も撤去です。渋滞、公害が増えるでしょうが仕方がありません。

それでもダメなら税率を上げる

税金を上げるのは、需要への影響が大きいので最後の手段です。ただ、現在の税率が5%以下と非常に低い水準である場合は、多少増税しても影響は少ないです。

現状で税率7%前後の場合、税金を上げて収入が増えるかどうかは微妙なところです。少しづつ上げていって様子を見ましょう。せいぜい10%あたりが限度で、それ以上は逆に収入が減ってしまいます。

最後の悪あがき、債権

本当に手元にお金が無くなってしまった場合、悪あがきとして債券を発行し、一時的に現金を入手することができます。しかし、元々赤字の都市が債権を発行したところで、その先は厳しいことになるでしょう。

なお、このゲームの債権は自ら返済を行わない限り延々と利子を払い続けることになります。