アルコロジー

アルコロジーの概要

アルコロジーは、人口が12万人(SFC版は10万人)になるとプレゼント扱いで建設できるようになります。未来志向な?本作を象徴する建物です。

たった4x4の建物の中に数万人の人口を収容することができ、設置するだけでアルコの限界まで勝手に人口が伸びていきます。アルコロジーの人口増加速度は、アルコロジーの周辺環境によって左右されます。調査ツールでグレードをチェックしてみましょう。

アルコの人口密度は極めて高いので、当然周辺の犯罪率も高くなります。また、その巨体を維持するためか、かなりの公害を発生させます。設置する場所には注意が必要です。

余談ですが、あまりにも未来を先取りしすぎたためか、以降の作品でアルコロジーの姿を見ることはありません。(…と思いきや、最新作で遂に登場したようですね。)本作の評価が分かれる原因であったりもします・・・。^^;

各アルコロジーの比較

名称 値段 収容人数 公害度 登場時期
プリモス・アルコ $100,000 55,000人 10 2000年頃
森林アルコロジー $120,000 30,000人 4 2050年頃
Darco(ダルコ) $150,000 45,000人 4 2100年頃
ラウンチ・アルコ $200,000 65,000人 6 2150年頃

※公害度は、石油発電所の発生量を10とした場合のおおよその値です。
犯罪率は、どのアルコロジーも大差ありませんでした。

アルコロジーの名称は、SFC版では森林アルコロジーが「森のアルコロジー」にラウンチ・アルコロジーは「エクソダスアルコロジー」になります。 

プリモス・アルコ

プリモス・アルコ値段:$100,000
収容人数:55,000人

一番最初に利用可能となるアルコロジーです。工業の支援を目的に開発されたので、公害が石油発電所並みに発生します。収容人数も多いので、とりあえず最初はこれを使うのが良いでしょう。

森林アルコロジー

森林アルコ値段:$120,000
収容人数:30,000人

環境に優しいアルコです。アルコ内では、環境負荷の少ない生活が徹底されているそうです。確かに公害は少ないのですが、収容人数もまた少ないです。

Darco(ダルコ)

ダルコ値段:$150,000
収容人数:45,000人

アルコらしくないアルコを目指して作られた不気味なアルコです。森林アルコ並の公害ですが、収容人数が少々増加しています。

ラウンチ・アルコ

ラウンチ・アルコ値段:$200,000
収容人数:65,000人

最終的に都市をこのアルコで埋め尽くすことになるでしょう。

説明にある「シムアースの謎を解き明かす」ことができるかどうかは、プレイしている機種によります。