機種ごとの違い

あらゆるコンピュータ、ゲーム機に移植されたシムシティ2000。前作ほどではないにせよ、大家族になっています。はっきり言って把握しきれません。

ここでは私の知る範囲での各機種毎の情報をまとめてみました。

系譜図

シムシティ2000

コンピュータ版
|├ DOS/V
|├ PC-98
|├ Macintosh
|├ FM-TOWNS
|├ Amiga
|├ Acorn Archimedes
|├ Windows
||├ Windows3.1
||└ Windows95
|└PocketPC

コンシューマ版
  ├ スーパーファミコン
  ├ セガサターン
  ├ プレイステーション
  ├ ニンテンドー64
  └ ゲームボーイアドバンス

親戚にあたるもの

├ シムシティ2000 ネットワークエディション
├ シムシティ64
├ シムコプター
└ ストリート・オブ・シムシティ

コンピュータ版

日本語版が存在

  • DOS/V版
  • PC-98版
  • Macintosh版
  • FM-TOWNS版
  • Windows3.1版
  • Windows95版

海外版のみ

  • Amiga版
  • Acorn Archimedes版
  • PocketPC版

どれもゲーム自体に特に大きな差異はないようですが、機種やアップデートの差異によって、アルコが飛んだり飛ばなかったりします。後年に発売されたWin95版は少なくとも飛びます。その他、人口の限界も異なっているようです。

日本語版の販売元とパッケージについて

日本では、当初はイマジニアがゲームをローカライズした上販売を行っていましたが、後年はマクシス(→EAに吸収)による直接販売に移行したようです。

長年販売されたこともあり、パッケージにさまざまな形態が存在しています。

イマジニア発売のものは立派なハードケース入り。マクシス発売のものはやたらデカい紙ケース入り。そして、晩年にEAより発売されたEA BEST SELECTION版は、一般的なCDケース(前期)と、トールケース(後期)の二種類のケースが存在します。

アーバンリニューアルキット(SCURK)とシナリオ集Vol.1について

シムシティ2000の発売から数年後、マップや建物を自由に編集できるツール「アーバンリニューアルキット」と、追加のシナリオ集(シナリオ集Vol.1 Great Disasters)が発売されました。

「CDコレクション」や「スペシャルエディション」の名を冠したシムシティ2000には、あらかじめ両者とも同梱されています。

コンシューマ版

あの有名ゲームの第二作が登場!ということで、当時の主力ハードにも軒並み移植されました。しかし、当時のPCでもそれなりの性能を必要とするゲームだったので、多くの移植にスペック不足の感はぬぐえません。

日本語版が存在

海外版のみ

スーパーファミコン版

イマジニアの発売ですが、移植はHAL研究所が担当したようです。

無理やり16ビット機に移植したためか、結構な変更点があります。

マップ関連としては、まず地形のエディット機能がありません。その代わり、あらかじめ収録された5つの既存のマップから地形を選ぶことになります。ゲームの難易度設定はなく、開始時の資金は選んだマップにより変化します。また、マップの大きさ自体も若干狭くなっています(128x128→96x96)。

シナリオ関連は、オリジナルのものが5本収録されています。その中の1本は、アルコの飛ぶシーンを見ることができます。また、シナリオによって一部建物が置き換わります。

その他追加要素としては、「練習モード」なるチュートリアルや、プレゼントの追加、天候アニメの追加などがあります。

動作速度は悲しいことになっています。データを圧縮しているのか、都市のロードやセーブにはカセットにも関わらず時間がかかります。マップ画面の切り替わりも遅いです。

特に日時の経過は絶望的に遅いです。1000万人都市を目指すならば、外出中、就寝中も電源を入れっぱなしにする覚悟が必要です。

セガサターン版

セガより発売です。基本はPC版そのままの移植ですが、グラフィック面に独自の要素を追加しています。

建物のグラフィックが時代の変化に応じて3段階に変化するようになっています。2段階目(1950年以降)の建物こそPC版と同様のスタイルの建物ですが、一から描きおろしたのか微妙に異なっています。その他、銅像はソニックの銅像に、ラマ・ドームは宇宙港に変更されています。

シナリオは、PC版のものが追加シナリオ含めすべてプレイできる上、オリジナルのシナリオ(東京)が追加されています。

動作速度に関しては所持していないのでなんとも言えないところです。しかし、後述するPS版の惨状を見る限りあまりよいものとは思えません。

プレイステーション版

アートディンクより発売です。コンピュータ版との差異はほとんど無く、シナリオも通常シナリオ、追加シナリオ両方そろっています。コンシューマ移植の中での忠実移植度は一番ではないでしょうか。

建物グラフィックは、こちらもPC版と微妙に異なるグラフィックが使用されています。SS版第二段階時のグラフィックと同じです。同じ会社による移植なのでしょうか?

忠実度は高いのですが、操作性は最悪です。全体的に重くカクカクしているので、操作ストレスはSFC版と同等かそれ以上です。

おまけとしてドライブモードと称したストリート・オブ・シムシティとシムコプターもどきが遊べますが、特に楽しめる代物ではありません。

ゲームディスク内には拡張子が異なるものの、コンピュータ版用の都市データがそのまま収録されています。PC版と同様の都市データを扱っているところを見ると、内部処理もPC版に準じた処理が行われていると思われます。

なお、アルコは飛びません。

ニンテンドー64版

最後発の移植なだけあって、動作速度は最速、操作性も比較的良好と家庭用最強!・・・と言いたいところなのですが、所々に見える雑な仕事と妙なアレンジのせいで悲しいことに。もう少し丁寧に移植してくれれば・・・。

違いが多いので、特設ページを設けています。

ゲームボーイアドバンス版

海外のみ発売のため詳細は不明です。

プレイ動画などを見ると、地形を既存のマップから選んでいたり、3x3の建物をマップ端に建てていたり、PC版とはいろいろの違いがありそうです。

親戚にあたるもの

シムシティ2000 ネットワークエディション

シムシティ2000の番外編として、Windows95専用のネットワーク対戦可能なネットワークエディションも発売されました。

ネットワーク対戦仕様のため、土地の売買や電力の取引などの機能が搭載されています。シムシティ2000の名を冠してはいますが、セーブデータの互換性はありません。

日本語版もしっかり発売されているのですが、当時のネットワーク環境の普及具合を考えると、どれほど売れたのかは謎です。

体験版をプレイする限り、中々面白そうではあるのですが・・・。 

シムシティ64

HAL研究所による、64DD専用ソフトです。一度だけプレイしたことがあるのですが、シムシティ2000ベースのような感じがします(推測です)。関連タイトルの中ではプレイが最も困難なのではないでしょうか?

シナリオもPC版類似のもの、SFC版類似のシナリオが搭載されています。

シムコプター

ヘリによる都市問題解決ゲームです。

マップにシムシティ2000の都市データを利用しており、フル3DCG化された自分の都市を飛び回ることもできます。

ストリート・オブ・シムシティ

自動車によるレース、ドライブ、配達ゲームです。

こちらもマップにシムシティ2000の都市データを利用しており、フル3DCG化された自分の都市を爆走することもできます。

本ページの情報について

冒頭で述べたように、あまりにも多様な機種で発売されているため、未所持のものの詳細に関しては私も把握しきれていません。

間違いやその他情報ありましたら、掲示板やメールで情報の提供いただけると助かります。

また、このページの一部は、掲示板に寄せていただいた情報を元にしています。ありがとうございます。