京葉線103系の思い出

適当な個人的なメモ。覚えてること、記録した事を忘れないうちにまとめておく。

10連貫通編成(6M4T)

10両貫通編成

←蘇我 東京→
クハ103 モハ103 モハ102 サハ103 クハ103 クモハ103 サハ103 モハ103 モハ102 クハ103

京葉線の標準的な編成。堂々の10連。

6連+4連分離編成(6M2T)

←蘇我 東京→
クハ103 モハ103 モハ102 サハ103 クハ103 クモハ103 サハ103 モハ103 モハ102 クハ103

外房線・東金線で切り離し可能な編成。10両貫通の編成より一足早く消滅した。 武蔵野線と同じくクモハ103の運用番号表示窓は保安装置設置関係で埋められている。

記憶に残る変な編成

  • 304編成・・・貫通編成の癖に中間にクハ、クモハを挟む。末期にはDDM試験車を組み込んだ。
  •  忘れた編成・・・低運転台の癖にライトが高運転台と同じタイプ。

その他

  • 末期は内房線・外房線・東金線に乗り入れしなくなった。
  • 内房・外房・東金は踏み切りが存在するためスカート装備してたりしなかったり。
  • 分散クーラーの編成もぼちぼち居た。
  • こんな車両で休日快速「マリンドリーム」は無いだろ!

京葉線103系の活躍

快速蘇我行
けたましい音と共に快速運用に就いた。

クハ103車内
割と落ち着いた感じの車内。夏には扇風機が回る回る・・・。

舞浜〜新浦安間
舞浜のカーブを抜け、新浦安までの直線をひたすら走る。

スカートつき
蘇我以東運用消滅後もスカート付きであった編成。

戻る