荒川ロックゲート周辺の今昔

ロックゲート周辺の様子

1929年 2009年

ここ荒川ロックゲート周辺は昔から水運の要所で、江戸時代には船番所も存在した。
近代になり荒川放水路が開削されると多くの水門・閘門が設置された。

現在稼働中の荒川ロックゲートと、かつてこの周辺に存在した大正〜昭和期にかけての施設群を紹介する。

現在の施設

  • 荒川ロックゲート

かつての施設

  • 新川水門
  • 小名木川閘門・水門
  • 小松川閘門
  • 船堀閘門

荒川ロックゲート

荒川ロックゲート

災害時の水運利用による防災機能強化のために建設され、2005年に竣工。
これによって長らく断絶していた荒川〜小名木川・旧中川間の水上交通路が復活した。

データ

総工費は約75億円。災害時の利用に備え、開閉速度は日本最速を誇り耐震強度も高く設計されている。

閘室 長65mx幅14m
閘門敷高 A.P. -400m
航行水位 荒川 A.P. +2.20〜+0.00m
旧中川 A.P. -0.50〜-1.00m
ゲート 形式 ローラーゲート
開閉速度 10m/分
水位調節方式 バイパス管形式
閘門操作時間 8時45分〜16時30分まで
(日曜、休日および12月31日〜1月3日は除く)
閘門通過時間 約20分

(諸元は国土交通省関東地方整備局荒川下流河川事務所「荒川下流誌 本編」および付近の看板「荒川ロックゲートの通航について」より。)

ゲートの上からの眺め

ゲート上より
閘門操作時間中は閘門の上や閘室脇の広場に入ることができる。

ゲート上より
荒川方面を眺める。ゲート上からの眺めは実に壮観!

新川水門

大正12年(1923年)3月31日竣工。工費19万7997円。
荒川放水路開削時に分断された小名木川、旧中川、新川間を連絡するために建設された。
平常時は常に開けっ放しで船舶の航行が可能で、荒川の高水時のみ締切り中川の水位に影響を与えないようにした。

昭和54年(1979年)、小松川閘門と共に撤去される。

小名木川閘門→小名木川水門

小名木川閘門

大正12年(1923年)3月31日竣工。工費79万3681円
新川水門と同じく小名木川、旧中川、新川間を連絡するために建設。
前後扉室には各一対の暗渠・暗渠弁、正逆一対の横桟観音開鋼式扉が備えられこれを人力で開閉していた。
後に小名木川閘門は水門として改築されることになり、やや南に後述の水門が建設される。
閘門は水門工事とともに撤去か?

小名木川水門

昭和39年(1964年)竣工。幅11.0mのローラーゲートを1門備える。
船舶の通航も可能であったがしばらくした後?に閉鎖されてしまう。
閉鎖後も長らく残っていたが、荒川ロックゲート建設時に撤去されている。

小松川閘門・船堀閘門

小松川閘門
埋没しながらも大島小松川公園に残る小松川閘門(後門)。

船堀閘門
岩淵の荒川知水資料館前に残る船堀水門(頭頂部)。

共に昭和5年(1930年)3月の竣工。設計も殆ど同じで兄弟関係にある。
工費は小松川閘門が約101万円、船堀閘門が約88万円。

帝都の発展により新川水門・小名木川閘門の通航量が増大。これに応えるため小松川閘門・船堀閘門が建設された。
二閘門の間には電力ケーブルが整備され、電力会社(東京電燈)から供給を受ける小松川閘門、自前で100馬力ディーゼルエンジンと発電機を持つ船堀水門でどちらかの停電時は互いにバックアップする仕組になっていた。
また、各門の桁上には60馬力電動機が装備され、8m/分の速度で重さ80tのゲートを昇降した。

小松川閘門は昭和51年(1976年)に撤去され、船堀閘門は新川水門と共に昭和54年(1979年)に撤去された。

年表

大正7年 1918年 10月8日 新川水門着工。
大正8年 1919年 8月1日 小名木川閘門着工。
大正12年 1923年 3月31日 新川水門竣工。
昭和元年 1926年 小名木川閘門竣工。
昭和2年 1927年 4月 小松川閘門着工。
昭和2年 1927年 5月 船堀閘門着工
昭和5年 1930年 3月 小松川閘門・船堀閘門竣工。
昭和38年 1963年   小名木川水門着工。閘門→水門に名称変更。
昭和39年 1964年 11月 小名木川水門竣工。
昭和51年 1976年   小松川水門撤去
昭和54年 1979年   船堀閘門、新川水門撤去。
平成11年 1999年 3月1日 荒川ロックゲート着工。
平成17年 2005年 10月1日 荒川ロックゲート竣工。

参考資料

このページの作成にあたって、以下の資料を参考にした。

「都市を往く荒川」 建設省関東地方建設局荒川下流工事事務所
「荒川下流誌 本編」 国土交通省関東地方整備局荒川下流河川事務所
土木建築工事画報 第4巻第3号」 工事画報社
土木建築工事画報 第7巻第8号」 工事画報社
荒川下流改修工事概要」 内務省東京土木出張所
荒川下流改修工事概要」 内務省東京土木出張所

戻る